知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > 燃料電池用石油系燃料改質器用フェライト系ステンレス鋼事件

判例情報


平成26年(行ケ)第10026号
燃料電池用石油系燃料改質器用フェライト系ステンレス鋼事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

 自動車エンジンのマニホールドに好適とされる引用発明1-1のフェライト系ステンレス鋼は,本件発明1の高温水蒸気耐酸化性,耐熱疲労特性,高温強度を備えるとは認められず,これを燃料電池用石油系燃料改質器に用いることについての動機付けがないとされた。

 事件番号等:平成26年(行ケ)第10026号(知財高裁 H27.09.24 判決言渡)
 事件の種類(判決):維持審決取消請求事件(請求棄却)
 原告/被告:新日鐵住金ステンレス株式会社/日新製鋼株式会社
 キーワード:進歩性,動機付け,用途限定
 関連条文:特許法29条2項

○事案の概要

 本件発明1は,燃料電池用石油系燃料改質器用フェライト系ステンレス鋼に係る発明であり,Cr,C,N,Mn,S,Si及び/又はAl,Nb,Ti,M,Cuを所定の割合で含有し,残部がFe及び不可避的不純物であることを発明特定事項としている。審決は,本件発明1と引用発明1-1の相違点を,本件発明1が燃料電池用石油系燃料改質器用と規定しているのに対して,引用発明1-1がこれらを規定していない点(相違点2)と認定し,本件発明1は,引用発明1に基いて当業者が容易に発明をすることができたものではないと判断した。

○知財高裁の判断

 当業者が,引用発明1-1に基づいて,引用発明1-1に開示されたフェライト系ステンレス鋼を,本件発明1の燃料電池用石油系燃料改質器の用途に使用することを容易に想到できたか否かを判断するに当たっては,引用発明1-1に係るフェライト系ステンレス鋼について,これを本件発明1の燃料電池用石油系燃料改質器用のフェライト系ステンレス鋼に用いることについての動機付けがあり,本件発明1の上記の高温水蒸気耐酸化性,耐熱疲労特性,高温強度を備えるものとすることを容易に想到し得るかを検討しなければならない。
 引用発明1-1のフェライト系ステンレス鋼は,高温環境における耐酸化性に優れているとはいえ,それは自動車エンジンのマニホールドが好適な用途であるとされていることから,排気ガスレベルの水蒸気(約20体積%HO)下での高温水蒸気耐酸化性を有することが推認できるにすぎないのであって,50体積%HO以上という高濃度水蒸気下において燃料電池用石油系燃料改質器に要求されるだけの高温水蒸気耐酸化性を有するかについては,これを肯定し得るだけの周知技術の存在を認めることはできない。
 引用発明1-1の耐酸化試験は大気雰囲気下であり,本件発明の実施例における高温水蒸気酸化試験は50体積%HOの雰囲気下であって,本件発明の実施例の酸化条件の方が,引用発明1-1の実施例よりも,水蒸気雰囲気の点において,圧倒的に厳しいものであるから,引用発明1-1のフェライト系ステンレス鋼を,本件発明の実施例における高温水蒸気酸化試験と同一の酸化条件で耐酸化試験をした場合には,酸化による重量増加量は3.27mg/cmを超え,本件発明の評価基準である2.0mg/cm以下とならないことは明らかである。このことは,引用発明1-1のフェライト系ステンレス鋼が,高濃度水蒸気下での高温耐酸化特性の点で,本件発明1の燃料電池用石油系燃料改質器用に用いることができないことを示すものということができる。
 引用発明1-1のフェライト系ステンレス鋼の熱疲労性試験と,本件発明の実施例における熱疲労性試験とでは,試験条件及び評価基準が異なることから,引用発明1-1の熱疲労性試験の結果をもって,引用発明1-1のフェライト系ステンレス鋼が,本件発明の実施例における熱疲労試験の評価基準を満たすか否かは不明というほかない。
 そうすると,当業者といえども,引用発明1-1のフェライト系ステンレス鋼を燃料電池用石油系燃料改質器に用いるとした場合に,燃料電池用石油系燃料改質器に要求される耐熱疲労特性を有することを予測することはできないというべきである。

 前記アないしエによれば,引用例1には,引用発明1-1のフェライト系ステンレス鋼を燃料電池用石油系燃料改質器の部材として使用することについての記載も示唆もない上,当業者であっても,引用発明1-1に係るフェライト系ステンレス鋼が,少なくとも燃料電池用石油系燃料改質器に要求される高温水蒸気耐酸化性及び耐熱疲労特性を備えるものと予測することは困難であるから,引用発明1-1のフェライト系ステンレス鋼を燃料電池用石油系燃料改質器に用いることについての動機付けがないというべきである。

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所