知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > 脱硫ゴムおよび方法事件

判例情報


平成25年 (行ケ) 第10245号
脱硫ゴムおよび方法事件


弁理士 玉腰 紀子
弁理士 須山 佐一

○判決のポイント

 本願明細書では,「脱硫」と「再生」とを同義で用いているものと認められるから,審決の認定には,甲2発明として化学的処理である「脱硫」方法のみを認定し,「再生」方法全体を認定しなかった点で誤りがある,とされた。

 事件番号等:平成25年(行ケ)第10245号(知財高裁 H26.07.17 判決言渡)
 事件の種類:拒絶審決取消請求(審決取消)
 原告/被告:ザ・エスエフ・マテリアルズ・コーポレイション/特許庁長官
 キーワード:「脱硫」の語義,発明の認定
 関連条文:特許法29条2項

○事案の概要

 本願発明は「ゴムの脱硫方法であって,硫黄架橋している硫黄を含む加硫ゴムを準備する工程と,前記加硫ゴムをテルピン溶液と接触させて反応混合物を生成する工程を含み,前記反応混合物には,54~100%の架橋を破壊して,加硫ゴム中の硫黄含量を減少するに十分な量のテルピン溶液が存在している,前記脱硫方法。」である。本願については,拒絶査定不服審判と同時に補正がなされたが,審決は,当該補正を独立特許に違反するとして却下し,本願発明は甲2発明に基づいて当業者が容易に想到することができたものであると判断した。
 なお,審決は,本願発明と甲2発明の一致点及び相違点を,一致点:「ゴムの脱硫方法であって,硫黄架橋している硫黄を含む加硫ゴムを準備する工程と,前記加硫ゴムをテレピン溶液と接触させて反応混合物を生成する工程を含み,反応混合物には,架橋を破壊して,加硫ゴム中の硫黄含量を減少するに十分な量のテレピン溶液が存在している,前記脱硫方法。」,相違点:本願発明では,「54~100%の」架橋を破壊しているのに対して,甲2発明では,上記「」内の事項の特定がない点,を認定したが,原告は,審決による甲2発明の認定に誤りがあることを主張した。

○知財高裁の判断

(1)「脱硫」に関する上記の記載された内容を検討すると,・・・本願明細書では,「脱硫」を「再生」と同義,すなわち,使用済みの加硫ゴムを再利用できる程度の可塑性及び粘着性を有する状態まで処理するという意味で用いているものと認められ,本願発明の「脱硫方法」も,そのような処理を行う方法であると解される。

(2)本願発明と対比する際に認定されるべき甲2発明は,「屑ゴムの再生方法であって,・・・屑ゴムを Cracking(粗砕)及び Grinding(細砕)する工程,脱硫罐内に松根油と共に入れて加熱する工程,Refining(精細)して再利用可能な程度の可塑性と粘着性を与える工程,を含む屑ゴムの再生方法。」というべきものである。
 審決は,引用文献から,屑ゴムを砕き,化学処理する工程までの「脱硫」方法を認定したに留まり,再利用可能な可塑性及び粘着性を有するゴムを得るための「再生」方法全体を認定しなかった点で誤りである。

(3)本願発明の「テルピン溶液」は甲2発明の「松根油」に相当し,本願発明の「脱硫」は甲2発明の「再生」に相当するので,両者は,①甲2発明においては,「Refining(精細)して再利用可能な程度の可塑性と粘着性を与える工程」を含むのに対して,本願発明ではそのような工程を含むことが特定されていない点,②用いるテルピン溶液が,本願発明では54~100%の架橋を破壊して,加硫ゴム中の硫黄含量を減少するに十分な量であるのに対して,甲2発明では量について特定がない点,及び,③本願発明では,「54~100%の」架橋を破壊しているのに対して,甲2発明では,架橋を破壊しているものの,架橋の破壊の程度について特定がない点,において相違する。

(4)引用文献においては,・・・「Refining(精細)して再利用可能な程度の可塑性と粘着性を与える工程」を重視すべきことが強調されている。そうすると甲2発明に接した当業者は,・・・「Refining(精細)して再利用可能な程度の可塑性と粘着性を与える工程」を必須としない構成については,これを容易に想到し得ない。
 甲2発明の「再生方法」では,・・・松根油と共に加熱する工程のみで「再生」が行われるわけではないから,松根油の量は,加硫ゴムを再利用できる可塑性及び粘着性を有する形態まで「再生」するのに十分な量であるとは認められない。むしろ,引用文献には,前記のとおり油の量を多くし加熱時間を長くすると再生ゴムの腰が弱くなるので,そうせずに Refining を十分に行うことで十分な可塑性と粘着性を有し,腰の強い再生ゴムが得られる旨が記載されているので,油の量を多くすることには阻害要因があるというべきである。

(5)したがって,本願発明と甲2発明との間の上記各相違点に係る構成は,当業者が容易に想到し得たものであるとはいえないから,審決の容易想到性判断には誤りがある。

(玉腰 紀子)

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所