知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > 硬質医療用塩化ビニル系樹脂組成物事件

判例情報


平成26年(行ケ)第10132号
硬質医療用塩化ビニル系樹脂組成物事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

 甲1’発明に係る塩化ビニル系樹脂組成物の可塑剤の配合量等を適宜変更して硬質医療用に用いることは,当業者にとって格別の創意工夫を要すものではないとして,特許維持審決が取り消された。

 事件番号等:平成25年(行ケ)第10234号(知財高裁 H26.03.26判決言渡)
 事件の種類(判決):特許維持審決取消請求(審決取消)
 原告/被告:X/昭和化成工業株式会社,株式会社カネカ
 キーワード:進歩性,格別の創意工夫,硬質医療用,可塑剤,塩化ビニル系樹脂組成物
 関連条文:特許法29条2項

○事案の概要

 本件発明1は,「塩化ビニル系樹脂100重量部に対して,シクロヘキサンジカルボキシレート系可塑剤及びアルキルスルホン酸系可塑剤から選択される1種以上の可塑剤を1重量部以上15重量部以下配合してなる組成物であってJIS K7202で規定されるロックウェル硬さが,35°以上の硬質であることを特徴とする硬質医療用塩化ビニル系樹脂組成物。」である(請求項1)。審決は,本件発明1と甲1発明の2つの相違点のうち,相違点1(本件発明1は,「硬質医療用」と規定しているのに対し,甲1発明は,具体的用途として「血液バッグならびに医療用チューブ」の製造に使用される半硬質と規定しているのみである点)の容易想到性を否定し,相違点2の容易想到性については検討することなく,本件発明1の進歩性を認める旨の判断をした。

○知財高裁の判断

(相違点について)
 甲1には「硬質医療用」という本件発明の用途については明記されておらず,そのため,本件発明と甲1発明との相違点として,用途の点を採り上げて新規性及び進歩性の判断をする以上,前記2の甲1の記載内容にもかかわらず,甲1発明の用途を本件審決のように限定的に認定することは相当ではない。
 本件発明1と甲1’発明の一致点及び相違点は次のとおりである。
 相違点1’ 本件発明1は,「硬質医療用」と規定しているのに対し,甲1’発明は,「半硬質ポリ塩化ビニル樹脂組成物」であって,「典型的には,パイプ,幾つかのワイヤおよびケーブルコーティング,床タイル,ブラインド,フィルム,血液バッグならびに医療用チューブの製造用」である点。

(容易想到性について)
 まず,・・・(甲3,甲5,甲43~45の引用省略)・・・それぞれ記載されているように,従来から硬質塩化ビニル系樹脂によって各種医療用部品が製造されてきていることは本件出願日当時の技術常識である。
 そして,前記のとおり,甲3及び甲5においては,10~15重量部の範囲の可塑剤を配合する塩化ビニル樹脂を硬質医療用に用いているのであるから,当業者として甲1’発明を硬質医療用に適用することは容易であるといえる
 そして,証拠(甲3,4,5,7,8)及び弁論の全趣旨によれば,本件出願日当時,医療用部品を硬質塩化ビニル系樹脂で製造することが行われていたものの,γ線等の放射線で滅菌すると変色するという問題点が広く認識されており,防止のための添加剤等が開発されていたことが認められる。しかし,前記甲3,4,5,7,8は,いずれも請求項において,・・・とそれぞれ記載されているのに対し,本件発明1の特許請求の範囲は,・・・請求項中に放射線滅菌されることが必須であると特定されたり,耐放射線性に優れたといった記載がされているものでもない。そして,本件発明1に係る硬質医療用部品について,必ず放射線滅菌されなければならないものではなく,手間と時間の問題があるとはいえ,上記のとおり,高圧蒸気滅菌という安全で変色の問題が特にない滅菌法が従来から行われている方法によることも可能であることからすると,上記の問題点は甲1’発明を硬質医療用に用いることについて阻害事由になるとはいえない。そうすると,甲1’発明を硬質医療用に用いることは,当業者にとって格別の創意工夫を要することであるということはできない。
 また,本件発明1の特許請求の範囲の請求項1では放射線滅菌されることが必須であると特定されているものではないから,放射線滅菌による変色を抑制することを本件発明1に特有の効果であるということはできない。したがって,本件発明1には放射線滅菌した際の変色が抑制されるという顕著な作用効果がある旨の被告らの上記主張は,本件発明の特許請求の範囲に基づかない主張であり理由がない。
 前記3(3)のとおり,塩化ビニル系樹脂の硬度が可塑剤の配合量によって「硬質」,「半硬質」,「軟質」と区分されていることから明らかなように(甲3,25~28),可塑剤の配合量が塩化ビニル系樹脂組成物の硬度を左右することは本件出願日当時の技術常識であって,当業者であれば,樹脂組成物に求められる紫外線安定性と硬度との兼ね合いで,可塑剤の配合量を適宜調節することは容易であるというべきである。
 前記のとおり,本件審決は,相違点2の容易想到性については判断していない。しかし,・・・などを考慮して,相違点2が実質的な相違点といえるのか否か又はその容易想到性について審理を尽くす必要がある。

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所