知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > 基板製品を製造する方法事件

判例情報


平成25年(行ケ)第10234号
基板製品を製造する方法事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

カーボンナノチューブの基板への固着性の確保を必須の課題とする刊行物1発明に,固着性について特段の配慮のない刊行物3のパターニング方法であるリソグラフィ技術を適用することには阻害要因があるとして,拒絶審決が取り消された。

 事件番号等:平成25年(行ケ)第10234号(知財高裁 H26.11.27 判決言渡)
 事件の種類(判決):拒絶審決取消請求(審決取消)
 原告/被告:ナンテロ,インク./特許庁長官
 キーワード:阻害要因,カーボンナノチューブ,不織布状態,固着性,必須の課題
 関連条文:特許法29条2項

○事案の概要

 本願発明は、基板製品を製造する方法であって,基板の表面にカーボンナノチューブの懸濁液を塗布し,複数のカーボンナノチューブが絡み合う不織布状態の実質的に無定形炭素を含まないカーボンナノチューブ層を形成し,不織布状態のカーボンナノチューブ層から実質的に全ての溶剤を除去し,所定のパターンに従って前記カーボンナノチューブ層の一部を選択的に除去する,方法である。
 審決は,本願発明と,刊行物1発明の相違点1を「カーボンナノチューブ層のパターニングを,本願発明においては,基板上にカーボンナノチューブ層を形成した後に,「所定のパターンに従って,前記カーボンナノチューブ層の一部を選択的に除去し」て行うのに対し,刊行物1発明においては,「基板上にパターン形成材料からなるパターンを形成する工程」及び「非パターン形成領域上に位置するカーボンナノチューブを除去する工程」によって行う点,と認定し,上記相違点1は,刊行物1乃至3に基いて当業者が容易に想到できたものであると判断して請求を棄却した。

○知財高裁の判断

「相違点1について
 審決は,刊行物1発明におけるカーボンナノチューブ層のパターニング方法を刊行物3発明における「カーボンナノチューブ層の形成後にカーボンナノチューブ層をリソグラフィ技術でパターニングするという方法」に変更して,相違点1に係る本願発明の構成とすることは,当業者が容易に想到し得ることである旨判断した。
しかし,刊行物1発明は,「ナノチューブ薄膜は固着性が悪く,接触や空気の流れ(たとえば空気掃除機)により容易に除かれるほどである。」(【0003】)ため,「適切な固着性を有し,より有用で堅固なデバイス構造の形成を可能にするより便利で,融通のきく方法」(【0005】)を開発することを課題とし,これを実現するため,パターン形成材料にカーボン分解材料,カーバイド形成材料,低融点金属などを用いてパターン形成し,これにナノチューブを堆積させた上でアニールすることによって,カーボン分解,カーバイド形成又は溶融を誘発させて,固着性(「ASTMテープ試験D3359-97で,2A又は2Bスケールを十分越える固着強度を指す。」(【0006】【0013】))を確保するものである。
 したがって,固着性の確保は刊行物1発明の必須の課題であって,刊行物1発明におけるパターニングの方法については,刊行物1発明と同程度の固着性を確保できなければ,他のパターニングの方法に置き換えることはできないというべきである。そして,刊行物3発明のパターニング方法におけるカーボンナノチューブの固着性についてみると,刊行物3発明は,「カーボンナノチューブを塗布,圧着,埋込み等の方法で合成樹脂製の支持基板12上に供給する」と記載しているのみであって,固着性について特段の配慮はされておらず,カーボンナノチューブ層が支持基板12に対して,いかなる程度の固着強度を有するかも不明である。
 よって,刊行物1発明に刊行物3発明を適用することには阻害要因があるから,刊行物1発明に刊行物3発明を適用して相違点1に係る本願発明の構成とすることを当業者が容易に想到し得るとした審決の判断には誤りがある。」

○コメント

 本件判決は、「今後の特許庁における審理のため,一言付言する。」、として、「もっとも、刊行物3には,カーボンナノチューブを塗布するなどの方法で基板にカーボンナノチューブ層を形成し,リソグラフィ技術でパターニングする技術が開示されており,本願発明と相当程度一致する部分があると認められるところ,本判決は,刊行物3発明を主引用例とした場合に,本願発明の容易想到性を判断することについてまで否定するものではない。」と、刊行物3発明を主引用例とした場合には、阻害要因の問題は生じないとの見解を補足的に示している。
 要するに、進歩性判断における主引用例の発明に副引用例の発明を適用する場合の阻害要因の存在の問題は、どちらを主引用例に用いるかによって、認められたり、認められなかったりする場合がある、ということであり、この点は実務上十分に留意する必要がある。

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所