知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > 太陽電池のバックシート事件

判例情報


平成26年(行ケ)第10020号
太陽電池のバックシート事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

甲1に商品名で示された塗料による塗膜は,ユーザー用技術説明資料,陳述書などを参酌すると,本件発明1の「塗膜が硬化性官能基含有含フッ素ポリマー塗料の硬化塗膜」と同一であるとして,両者を相違点と認定した審決が取り消された。

 事件番号等:平成26年(行ケ)第10020号(知財高裁 H26.12.18 判決言渡)
 事件の種類(判決):特許維持審決取消請求(審決取消)
 原告/被告:旭硝子株式会社/ダイキン工業株式会社
 キーワード:引用発明の認定,フッ素樹脂,ルミフロン,硬化塗膜,ユーザー用技術説明資料
 関連条文:特許法29条2項

○事案の概要

 本件発明1(請求項1)は,「太陽電池モジュールの封止剤層と反対側の水不透過性シート上に硬化性官能基含有含フッ素ポリマー塗料の硬化塗膜が形成されてなる太陽電池モジュールのバックシートであって,水不透過性シートと硬化塗膜とは直接接着しており,該硬化塗膜中に白色顔料又は黒色顔料が分散している太陽電池モジュールのバックシート。」である。審決は,本件発明1は,甲1発明2等に基づいて,当業者が容易に発明をすることができたものではない,と判断した。

○知財高裁の判断

 知財高裁は,甲1発明2(刊行物1の実施例2に記載された発明)を,「太陽電池モジュールの裏面保護層であって,・・・耐候性層がフッ素樹脂塗布液(商品名,ルミフロン,旭硝子株式会社製)の塗布膜からなる裏面保護層。」を提供するものであるとし,甲1発明2と本件発明の相違点(2-1’,2-2’,2-3’)を認定した上で,各相違点の容易想到性について次のように判断した。

①相違点2-1’について
「ルミフロンについてのユーザー用技術説明資料・・・などからすると,ルミフロンはOH基・・・を有しており,・・・ルミフロンは硬化性官能基含有含フッ素ポリマーであると認められる。
 ・・・文献にも,ルミフロンを硬化(メラミン硬化)させると,硬化剤なしの場合と比べて,・・・促進耐候性試験における力学的性質(破断強度,伸び)が向上することが記載されていること,・・・ルミフロンに関する説明・・・にも,ルミフロンに硬化剤を用いると,用いなかった場合と比べて60度光沢,鉛筆硬度,耐溶剤性が向上することが記載されていることなどによれば,ルミフロンを硬化させて使用すると各性質の向上が期待できることは,当業者にとって周知の事項である・・・技術説明資料・・・についてもルミフロンを硬化させた例しか記載されていないことを含めて考慮すれば,当業者は,・・・相違点2-1’に係る構成を容易に想到することができると認められる。」

②相違点2-2’について
「刊行物1の記載によれば,防汚層,紫外線遮蔽層,又は耐候性層の1層あるいはそれ以上を任意に設けることができる旨の記載がされている・・・。したがって,・・・当業者であれば,甲1発明2において,紫外線遮蔽層,防汚層を省略し・・・水不透過性シートに耐候性層を直接接着している構成を容易に想到することができると認められる。」

③相違点2-3’について
「刊行物1には,表面保護層について・・・透明性が要求されることが記載されている一方で,裏面保護層については,太陽光の透光性が必要である旨の記載はされておらず,むしろ裏面充填剤については,・・・透明性を有することを要するものではない・・・と記載され・・・,太陽電池素子の裏側にある層については,必ずしも太陽光の透過性(透明性)は要求されないことは技術常識であること・・・などからすると,当業者であれば,刊行物1の耐候性層を,太陽電池素子の裏側に配置する場合には・・・着色剤の添加量について「太陽光の透過に影響しない範囲内で」という制約は受けないと理解する・・・。そして,・・・太陽電池のバックシートに意匠性を付与したり,透過した太陽光を光反射あるいは光拡散させて再利用したりするために,白色や黒色等の顔料を添加することは,本件特許の出願当時,当業者にとって周知の事項であると認められる。したがって,甲1発明2において,意匠性や光反射性,光拡散性を付与する等の観点から,「耐候性膜」に任意に添加できるとされる着色剤として白色顔料又は黒色顔料を選択することは,当業者であれば容易になし得ることである。」

 また,知財高裁は審決について次のように判断した。
「審決は,甲1発明2の認定に当たり,・・・耐候性層,防汚層のものは認定しなかった・・・ところ,・・・内容として誤りがあるわけではない。
 しかし,・・・甲1発明2を認定する際には,紫外線遮蔽層のみならず,検討対象となり
得る耐候性層の形成材料等についても認定すべきであ・・・る。」

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所