知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > 疲労特性に優れたCu-N1-S1系合金部材事件

判例情報


平成24年(ワ)第15612号
疲労特性に優れたCu-N1-S1系合金部材事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

「86個/mm以下」と粗大な介在物の存在数の上限値のみを規定した本件発明について,明細書では「粗大な介在物の個数が最小で25個/mmである発明例を記載するのみで0個/mmの発明例を記載せず,かつ,全ての粗大な介在物の個数を低減する方法について記載されていない」ことからすれば,本件明細書の発明の詳細な説明は実施可能要件を欠くものである,とされた。

 事件番号等:平成24年(ワ)第15612号(東京地裁 H26.10.09 判決言渡)
 事件の種類:特許権侵害差止等請求事件
 原告/被告:JX日鉱日石金属株式会社/三菱電機メテックス株式会社
 キーワード:実施可能要件,無効審判,
 関連条文:特許法104条の3第1項,同法36条4項1号

○事案の概要

 本件発明は,「A 質量百分率(%)に基づいてNi:1.0~4.5%,B Si:0.2~1.2%を含有し,C 残部がCuおよび不可避的不純物から成る銅合金からなり,D 表面に66~184MPaの圧縮残留応力が存在し,E 表面の最大谷深さ(以下,Rvと表記する)が0.5μm以下であり,F 圧延方向に平行な断面を鏡面研磨後に,47°ボーメの塩化第二鉄溶液で2分間エッチング後,観察面において観察される直径4μm以上の介在物が86個/mm以下であることを特徴とするG Cu-Ni-Si系合金部材。」である。
 本件訴訟における主な争点は,(1)被告製品は,「スズ及び亜鉛」を含有するが,本件発明のA~Cの構成要件を充足するといえるかどうか(被告製品が本件発明の技術的範囲に属するか),(2)本件明細書に開示された介在物個数の下限は25個/mmであるが,0~25個/mm未満の範囲において本件発明の効果を奏するか不明なため,サポート要件違反又は実施可能要件違反による無効事由が存するといえるかどうか(本件特許が無効審判により無効にされるべきものと認められるか),である。

○知財高裁の判断

① 争点(1)について
 ……本件特許の特許請求の範囲において,本件訂正前の請求項4は,スズを含有する請求項1記載のCu-Ni-Si系合金部材と特定し,請求項5は,亜鉛を含有する請求項1記載のCu-Ni-Si系合金部材と特定していること,本件明細書の発明の詳細な説明の段落【0014 】,段落【0015】にスズや亜鉛の濃度についての説明が記載されていることが認められ,これらの記載を併せ読むと,本件発明1の構成要件Cは,スズや亜鉛を含有することを排除しない趣旨であると解するのが相当である。

② 争点(2)について
 ……300~650℃の範囲で時効処理する際,時効処理時間は,1~10時間であれば十分な強度,電気伝導性が得られる。」(段落【0019】)との記載があることが認められ,これによれば,時効処理温度及び時間につき,粗大な晶出物及び析出物の個数を低減させる方法についての一定の開示があるということができる。
 しかしながら,溶解時の溶湯内での反応により生じる酸化物,硫化物等については,本件明細書の発明の詳細な説明に,直径4μm以上の介在物個数を低減させる方法の開示は全くない。
 そして,本件明細書の記載内容及び弁論の全趣旨からすれば,原告が本件特許出願時において直径4μm以上の全ての介在物個数を0個/mm2とするCu-Ni-Si系合金部材を製造することができたと認めるに足りず,技術的な説明がなくても,当業者が出願時の技術常識に基づいてその物を製造できたと認めることもできない。
 そうすると,本件明細書の発明の詳細な説明には,特許請求の範囲に記載された数値範囲全体についての実施例の開示がなく,かつ,実施例のない部分について実施可能であることが理解できる程度の技術的な説明もないものといわざるを得ない。

 したがって,本件発明は,特許請求の範囲で,粗大な介在物が存在しないものも含めて特定しながら,明細書の発明の詳細の説明では,粗大な介在物の個数が最小で25個/mm2である発明例を記載するのみで0個/mm2の発明例を記載せず,かつ,全ての粗大な介在物の個数を低減する方法について記載されていないことなどからすれば,本件明細書の発明の詳細な説明は,本件発明の少なくとも一部につき,当業者がその実施をすることができる程度に明確かつ十分に記載したものであるとはいえない。

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所