知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > 帯電微粒子水による不活性化方法事件

判例情報


平成25年(行ケ)第10163号
帯電微粒子水による不活性化方法事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

 帯電微粒子水にラジカルが含まれることが新規な知見であり,これを花粉抗原等の不活性化に利用した本件発明は,甲1発明から想到容易ではないとされた。

 事件番号等:平成25年(行ケ)第10163号(知財高裁 H26.01.30 判決言渡)
 事件の種類:無効審決取消請求  -審決取消判決
 原告/被告:パナソニック/東芝ホームアプライアンス
 キーワード: ラジカル,生成方法の違い,想到容易性
 関連条文: 特許法29条2項

○事案の概要

(1)本件訂正特許発明1は,「大気中で水を静電霧化して,粒子径が3~50nmの帯電微粒子水を生成し,花粉抗原,黴,菌,ウイルスのいずれかと反応させ,当該花粉抗原,黴,菌,ウイルスの何れかを不活性化することを特徴とする帯電微粒子水による不活性化方法であって,前記帯電微粒子水は,室内に放出されることを特徴とし,さらに,前記帯電微粒子水は,ヒドロキシラジカル,スーパーオキサイド,一酸化窒素ラジカル,酸素ラジカルのうちのいずれか1つ以上のラジカルを含んでいることを特徴とする帯電微粒子水による不活性化方法。」である。本件訂正特許発明1と甲1発明1はいずれも,「大気中で水を静電霧化して,粒子径が3~50nmの帯電微粒子水を生成する方法。」である点で共通している。

(2)審決は,本件訂正発明1と甲1発明1の相違点について,①相違点1a:本件訂正特許発明1は,帯電微粒子水を上記花粉抗原等と反応させ,当該花粉抗原等を不活性化するのに対し,甲1発明1では,帯電微粒子水により室内の空間臭,付着臭を消臭する点。②相違点1b:帯電微粒子水は,本件訂正特許発明1では,室内に放出されるのに対し,甲1発明1では,チャンバー内に放出される点。③相違点1c:本件訂正特許発明1では,帯電微粒子水はラジカルを含んでいるのに対し,甲1発明1では,帯電微粒子水が,そのようなものであるか明らかでない点,を認定し,本願発明は引用刊行物記載の甲1発明1,並びに甲2~甲4公報の記載事項に基づいて当業者が容易に発明をすることができたものである,と判断した。

○知財高裁の判断

(1)①甲1発明1は,帯電微粒子水を生成し,22㎥チャンバー内の空間臭,付着臭を消臭するものではあるものの,他方で,引用刊行物には,そのメカニズムにつき,…ガス成分の水微粒子への溶解と推察しており,ラジカルによって臭気を除去したものとしているものではない。他に引用刊行物には,帯電微粒子水中にラジカルが存在することを示す記載も示唆もない。
 ②甲2公報におけるOHラジカルの生成は,…甲1発明1とはその生成方法が異なっている。また,甲2公報には,放電部分からのOHラジカル単体での生成に関する開示はあるものの,水微粒子とOHラジカルとの関係については開示がない。
 ③甲3公報におけるラジカル種の生成は,甲1発明1(とは),…その生成方法が異なっている。また,甲3公報には,ラジカル種の生成は開示されているが,水微粒子とラジカル種との関係については開示がなく,また,甲3公報記載の発明は,甲1発明1のように室内に放出されるものでもない。
 ④甲4公報には水がラジカルを含むものであることの開示があると認めることはできず,しかも,甲4公報記載の発明は,甲1発明1とはその目的や構成が相違するものと認められる。
 ⑤(被告主張の)乙1刊行物の記載,乙2刊行物の記載をもって,高電圧により大気中で水を静電霧化して生成された帯電微粒子水にラジカルが含まれると当業者が認識することの根拠とすることはできない。

(2)以上によれば,本件訂正特許発明1は,甲1発明1及び甲2公報ないし甲4公報に記載された事項に基づいて当業者が容易に発明をすることができたものであるということはできず,原告主張の取消事由1には理由がある。

(玉腰 紀子)

○コメント

 審決は,引用刊行物と本件特許明細書に記載された帯電微粒子水を霧化する装置,得られた帯電微粒子水の粒径ないし分布とを比較し,その共通性を根拠に,甲1発明1における帯電微粒子水はラジカルを含んでいると考えるのが妥当である,との結論を導いている。
 これに対し,本判決は,帯電微粒子水がラジカルを含むことは本件特許出願前に認識されておらず,このラジカルを花粉抗原等の不活性化に用いることは,甲1発明1から容易想到ではないと判断している。
 性質,成分,メカニズムなどについての新規な知見は進歩性判断の大きな要素となるものであり,本件は,このような新規な知見を技術的に利用した発明について,進歩性が認められた1つの例である。

(須山 佐一)

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所