知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > 発光装置事件

判例情報


平成25年(行ケ)第10292号
発光装置事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

 「発光装置」を「一の方向に隣接して配置された複数の発光装置を有する光源」とする補正は,限定的減縮にあたらず,本件補正を却下した審決に誤りはないとされた。

 事件番号等:平成25年(行ケ)第10292号(知財高裁 H26.04.23 判決言渡)
 事件の種類:拒絶審決取消請求(請求棄却)
 原告/被告:パナソニック株式会社/特許庁長官
 キーワード: 表現形式の変更,限定的減縮
 関連条文:特許法17条の2第5項,53条1項

○事案の概要

 補正前発明は「(請求項1)長尺状の基板と,前記基板上に当該基板の長手方向に沿って一直線状に配列された複数の半導体発光素子と,・・・を備え, ・・・前記封止部材を平面視した場合,前記封止部材の端部の輪郭線は曲率を有する発光装置。」である。  補正発明は,「(請求項1)一の方向に隣接して配置された複数の発光装置を有する光源であって,前記複数の発光装置の各々は,前記一の方向に長尺状をなす基板と,・・・を備え,・・・前記封止部材を平面視した場合,前記封止部材の端部の輪郭線は曲率を有する光源。」である(下線部は補正箇所を示す。)。  審決は,上記補正における本件補正事項は,請求項1に係る発明を,「発光装置」から,「一の方向に隣接して配置された複数の発光装置」を有する「光源」に補正するものであって,補正前の請求項1における,発明を特定するために必要な事項を限定するものではなく,特許法17条の2第5項に定める,請求項の削除,特許請求の範囲の減縮,誤記の訂正,明瞭でない記載の釈明のいずれにも該当しないから,却下すべきものであるとした上で,補正前発明が進歩性を有さないとして本願を拒絶すべきものとした。

○知財高裁の判断

 本件補正は,補正前の請求項1の末尾の「発光装置」を「光源」と補正するとともに,「一の方向に隣接して配置された複数の発光装置を有する光源であって」を追加する補正をして,補正後の請求項1とする補正事項を含むものであるから,補正前発明における「発光装置」を「一の方向に隣接して配置された複数の発光装置を有する光源」とするものである。
 そして,実施例において,発光装置100につき,以下の図1が示され,さらに,「本発明1の第1の実施形態に係る発光装置を複数個並べる場合」として,「発光装置100A」と「発光装置100B」を隣接配置する,以下の図6が示されている。・・・補正後の請求項1の「光源」は,・・・補正前発明の「発光装置」を一の方向に隣接して複数配置するものである。
 そうすると,補正前の請求項1の「発光装置」を補正後の請求項1の「一の方向に隣接して配置された複数の発光装置を有する光源」とすることは,特許請求の範囲を減縮することにはなるものの,補正前の「発光装置」を,より下位の発明の構成に限定するものではないから,本件補正は,補正前の請求項1における,発明を特定するために必要な事項を限定するものであるということはできない。したがって,・・・本件補正を却下した審決に誤りはない。
 本件補正は,単に補正前の請求項1末尾の「発光装置」を,補正後の請求項1末尾の「光源」と補正するにとどまるものではなく,補正前の「発光装置」を「一の方向に隣接して配置された複数の発光装置を有する光源」に補正するものであるから,1つの「発光装置」から複数の「発光装置」を備えるものに構成が変更されており,単に表現形式を変更したものにすぎないとはいえない。

(玉腰 紀子)

○コメント

 原告は,当初明細書に,「複数の発光装置」と「光源」とが同義語的に記載されていることを根拠に,「発光装置」を「光源」とした点を,単に表現形式の変更である旨主張したが,裁判所は,当初明細書の図面を参照して,補正後の請求項1の「光源」は,本件補正は特許請求の範囲を減縮することにはなるものの,補正前の「発光装置」を,より下位の発明の構成に限定するものではなく,限定的減縮に当たらないとして,審決の補正却下決定を維持した。
 このように,最後の拒絶理由通知の応答時の補正については,当初明細書等に記載された実施例に限定する場合であっても,その表現形式が,補正前の請求項の下位の発明の構成に限定された内容となるよう注意が必要である。

(須山 佐一)

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所