知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > ポリイミド事件

判例情報


平成29年(行ケ)第10230号
ポリイミド事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

 モノマーとして,着色の少ないジアミン誘導体を使用することが周知であるとしても,着色の度合いと光透過性との間の相関の程度は不明であるから,光透過率が80%~90%以上となるジアミン誘導体を使用することまでも周知であるということはできない,とされた。

 事件番号等:平成29年(行ケ)第10230号(知財高裁 H30.11.28)
 事件の種類(判決):取消決定取消請求(決定取消)
 原告/被告:宇部興産株式会社/特許庁長官
 キーワード:進歩性,周知技術,相関,光透過率
 関連条文:特許法29条2項

○知財高裁の判断

 本件特許の出願当時,光透過性に優れたポリイミドを得るために,モノマーとして,着色の少ないジアミン誘導体を使用することは,当業者にとって周知であった。確かに,着色の少ないジアミン誘導体を使用するということは,光透過性の高いジアミン誘導体を使用することを意味するものと理解できる。しかし,本件証拠上,モノマーとして,本件光透過率が80%~90%以上のジアミン誘導体を使用することについて記載した文献は一切ない。甲9文献には,「モノマーの純度も重要なファクターであり,見た目きれいな結晶をしていても僅かな不純物が光透過性を悪化する原因となる。・・・光透過性では僅かな差ではあるが,着色の差としてはっきりと表れる。」との記載があり,同記載からすると,着色の度合いと光透過性との間の相関の程度は不明といわざるを得ない。
 モノマーとして,着色の少ないジアミン誘導体を使用することが周知であるとしても,そのことから,本件光透過率が80%~90%以上となるジアミン誘導体を使用することまでも周知であるということはできない。甲4発明に本件証拠によって認められる周知技術を適用しても,本件発明1の構成に到らず,したがって,本件発明1は進歩性がないということはできない。

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所