知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > 染毛剤事件

判例情報


平成29年(行ケ)第10216号
染毛剤事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

 明細書に記載された寸法の市販品の実寸法を追加する補正は新規事項の追加にならない,とされた。

 事件番号等:平成29年(行ケ)第10216号(知財高裁 H30.08.22)
 事件の種類(判決):維持審決取消請求(審決取消)
 原告/被告:ホーユー株式会社/特許庁長官
 キーワード:新規事項の追加,実寸法,攪拌羽
 関連条文:特許法17条の2第3項

○知財高裁の判断

 本願発明において,撹拌羽根の形状,寸法等の撹拌条件は発明特定事項として重要な要素といえるところ,当初明細書等に本件撹拌羽根を用いることは明示されていない。しかし,当初明細書には,1撹拌にET-3Aを用いること,2「撹拌羽」は,回転中心となる支軸の下端から漢字の「山」の字を構成する形態で対の羽部を延設した「撹拌羽」であること,3「撹拌羽」の回転半径は,内容量が200mlで内径約6cmのビーカー等の円筒形容器の半径(3cm)より僅かに小さいことが記載されているところ,当初明細書に記載されている上記「撹拌羽」の形状,寸法は,ET-3Aの付属品である200mlビーカー用の本件撹拌羽根のそれと一致するものである。また, ET-3Aは,昭和60年頃から長年にわたって販売されており,多数の当業者によって使用されてきたと推認される実験用の機械であるところ,販売開始以来,付属品である本件撹拌羽根の形状,寸法に変更が加えられたことは一度もなく,しかも,遅くとも平成17年7月頃には,本件撹拌羽根は,ET-3Aとともに日光ケミカルズのカタログに掲載されていた。さらに,当初明細書の記載に適合するような形状,寸法の ET-3A用の撹拌羽根が,ET-3A本体とは別に市販されていたことは証拠上認められない。
 以上の事実を考え併せると,当業者が,当初明細書等に接した場合,そこに記載されている撹拌羽が,ET-3Aに付属品として添付されている200mlビーカー用の本件撹拌羽根を指していると理解することができるものと認められる。そして,特定事項aは,200mlビーカー用の本件撹拌羽根の実寸法を追加するものであるから,特定事項aを本願の請求項1に記載することが,明細書又は図面の全ての記載を総合することにより導かれる技術的事項との関係で新たな技術的事項を導入するものとはいえず,新規事項追加の判断の誤りをいう原告の主張は理由がある。

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所