知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > 選択された炭酸ランタン水和物を含有する医薬組成物事件

判例情報


平成29年(行ケ)第10171号
選択された炭酸ランタン水和物を含有する医薬組成物事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

 本件出願の優先日当時,医薬品の特性を調整するために水和水の数を最適化することは当業者の技術常識であったから,甲1記載の炭酸ランタン1水和物(甲1発明)を,本願の,水和水の数が3ないし6とすることは当業者が容易に想到できた,とされた。

 事件番号等:29年(行ケ)第10171号(知財高裁 H30.09.19)
 事件の種類(判決):維持審決取消請求(審決取消)
 原告/被告:沢井製薬株式会社/シャイア インターナショナル ライセンシング ベー.ブイ.
 キーワード:進歩性,水和水の数,最適化
 関連条文:特許法29条2項

○知財高裁の判断

 本件出願の優先日当時,①乾燥温度等の乾燥条件の調節により,水和水の数の異なる炭酸ランタン水和物を得ることができること,②水和物として存在する医薬においては,水分子(水和水)の数の違いが,薬物の溶解度,溶解速度及び生物学的利用率,製剤の化学的安定性及び物理的安定性に影響を及ぼし得ることから,医薬の開発中に,検討中の化合物が水和物を形成するかどうかを調査し,水和物の存在が確認された場合には,無水物や同じ化合物の水和水の数の異なる別の水和物と比較し,最適なものを調製することは,技術常識又は周知であった。
 本件出願の優先日当時の技術常識又は周知技術に照らすと,甲1に接した当業者においては,甲1記載の炭酸ランタン1水和物(甲1発明)について,リン酸イオン除去率がより高く,溶解度,溶解速度,化学的安定性及び物理的安定性に優れたリン酸イオンの固定化剤を求めて,水和水の数の異なる炭酸ランタン水和物の調製を試みる動機付けがある。そして,当業者は,乾燥温度等の乾燥条件を調節することなどにより,甲1記載の炭酸ランタン1水和物(甲1発明)を,水和水の数が3ないし6の範囲に含まれる炭酸ランタン水和物の構成(相違点1に係る本件発明1の構成)とすることを容易に想到することができたものと認められる。

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所