知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > 保湿剤事件

判例情報


平成29年(行ケ)第10144号
保湿剤事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

 甲1炭化水素に類似する構造のスクワランやスクワレンが化粧品に配合され保湿性を有するという技術常識を用いて,甲1炭化水素の保湿剤の機能を想到することは当業者に容易であったとされた。

 事件番号等:平成29年(行ケ)第10144号(知財高裁 H30.09.20)
 事件の種類(判決):拒絶審決取消請求(請求棄却)
 原告/被告:株式会社デンソー,国立大学法人筑波大学,藻バイオテクノロジーズ株式会社/特許庁長官
 キーワード:進歩性,用途発明,化粧品
 関連条文:特許法29条2項

○知財高裁の判断

 本件出願時,炭化水素の中には皮膚に疎水性皮膜を形成できるものがあること,化粧品に配合される常温で液体の炭化水素の多くについて,皮膚に疎水性皮膜を形成して皮膚からの水分の蒸散を防止すること(閉塞性)によるエモリエント性(保湿効果の一種)が認められることは,化粧品の分野の当業者の技術常識だったものである。また,甲 1炭化水素が常温で液体の炭化水素であり,その化学構造が炭化水素である スクワレンに類似していること,スクワレンとスクワランは疎水性を有する炭化水素であること,スクワランが化粧品の保湿剤として慣用の成分であり, スクワレンが化粧品に配合される成分でありスクワランと同等の閉塞性を有することも,同様に当業者の技術常識であった。
 そうすると,本件出願時の化粧品の分野の当業者が,常温で液体の炭化水素である甲1炭化水素成分を含む化粧品について,上記の技術常識を用いて,保湿剤の機能を想到するのは容易であったというべきである。本件出願時の当業者において,相違点2(藻類ボトリオコッカスから抽出される炭化水素成分を含む組成物について,本願発明においては「保湿剤」と特定するのに対し,引用発明では「化粧品」と特定する点) に係る構成を容易に想到することができたものと認められる。

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所