知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > エチレン-酢酸ビニル共重合体ケン化物ペレット群事件

判例情報


平成29年(行ケ)第10029号
エチレン-酢酸ビニル共重合体ケン化物ペレット群事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

 本件発明の課題として本件明細書に記載された「EVOH層の界面での乱れに起因するゲル」の意義は明らかでないから,本件発明の課題は理解できないというほかなく,サポート要件に適合しないとされた。

 事件番号等:平成29年(行ケ)第10029号(知財高裁 H29.12.26)
 事件の種類(判決):維持審決取消請求(審決取消)
 原告/被告:長春石油化學股份有限公司,長春ジャパン株式会社/日本合成化学工業株式会社
 キーワード:サポート要件,委任省令要件,微粉,EVOH.ペレット
 関連条文:特許法36条6項1号

○知財高裁の判断

 本件明細書には,「EVOH層の界面での乱れに起因するゲル」は,ロングラン成形により発生するゲルとは異なる原因で発生するゲルであると記載されているものの,本件明細書には,「EVOH層の界面での乱れに起因するゲル」が,乙15における「ゲル状ブツ」の原因となるゲルと,その形状,構造等がどのように異なるのかを明らかにする記載は見当たらない。また,本件明細書においては,「EVOH層の界面での乱れに起因するゲル」は,目視観察できるものであるとされ,乙15における「ゲル状ブツ」は肉眼で見ることができるものとされており,本件発明における「EVOH層の界面での乱れに起因するゲル」と背景技術(乙15)における「ゲル」を,観察方法において区別することができるとは,理解できない。
 そうすると,本件発明における「EVOH層の界面での乱れに起因するゲル」の意義は明らかでないというほかなく,本件特許出願時の技術常識を考慮しても,「成形物に溶融成形したときにEVOH層の界面での乱れに起因するゲルの発生がなく,良好な成形物が得られ」るという本件発明の課題は,理解できないというほかない。
 したがって,本件明細書の記載には,本件発明の課題について,当業者が理解できるように記載されていないから,特許法施行規則24条の2の規定に適合するものではなく,特許請求の範囲に記載された発明が,発明の詳細な説明の記載により当業者が当該発明の課題を解決できると認識し得る範囲のものであると認めることはできないし,発明の詳細な説明に記載や示唆がなくとも,当業者が出願時の技術常識に照らし当該発明の課題を解決できると認識し得る範囲のものであるとも認められない。

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所