知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > ポリアルキルシルセスキオキサン粒子事件

判例情報


平成29年(行ケ)第10072号
ポリアルキルシルセスキオキサン粒子事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

 特許異義申立人の提出した甲4実験は引用発明の再現とは認められないとして,引用発明の粉末のシラノール基量及び撥水性を甲4実験に基づき認定した決定が取り消された。

 事件番号等:平成29年(行ケ)第10072号(知財高裁 H29.12.21)
 事件の種類(判決):取消決定取消請求(決定取消)
 原告/被告:コーロン インダストリーズ インク/特許庁長官
 キーワード:再現実験,新規性,進歩性
 関連条文:特許法29条1項3号,2項

○知財高裁の判断

 甲5文献の実施例1を含む甲1文献の実施例1の方法と,甲4実験とを比較すると,少なくとも,①攪拌条件,及び,②原料メチルトリメトキシシランの塩素含有量において,甲4実験は,甲1文献の実施例1の方法を再現したとは認められない。

① ポリメチルシルセスキオキサン粒子の製造においては,攪拌条件により,粒子径の異なるものが得られるものといえる。甲5文献の実施例1には,攪拌速度は記載されておらず,甲4実験においても,攪拌速度が明らかにされていない。加えて,甲4実験においては,甲5文献の実施例1で追試して得られたとするポリメチルシルセスキオキサン粒子の粒径は計測されていない。したがって,甲4実験において甲5文献の実施例1を追試して得られたとするポリメチルシルセスキオキサン粒子の平均粒子径が,甲1文献の実施例1で用いられたポリメチルシルセスキオキサン粉末と同じ5μmのものであると認めることはできない。

② 塩素原子の中和に必要な量でありかつ除去等の点で最小限である量のアンモニア及びアミン類を使用するために,塩素原子の量とアンモニア及びアミン類の量を確認する必要があり,そのために,甲5文献の実施例1においては,用いたメチルトリメトキシシランのメチルトリクロロシランの含有量が塩素原子換算で5ppmであることを示したものと理解される。ところが,甲4実験で甲5文献の実施例1の追試のために原料として用いたメチルトリメトキシシランの塩素原子含有量は計測されていない。そうすると,甲4実験において,甲5文献の実施例1と同様にアルコキシシラン類の加水分解,縮合反応が進行したと認めることはできず,その結果,得られたポリメチルシルセスキオキサン粒子が,甲5文献の実施例1で得られたものと同一と認めることはできない。

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所