知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > ポリビニルアルコール系重合体フィルム事件

判例情報


平成28年(行ケ)第10064号
ポリビニルアルコール系重合体フィルム事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

 本件明細書の記載及び出願日当時の技術常識に照らしても,本件発明の課題である常温長期保管時の黄変の機序は不明であるから,ただ一種のノニオン界面活性剤を使用した実施例の結果に基づいて,ノニオン系界面活性剤であれば,その種類を問わず,本件発明の課題が解決できると認識することはできない,としてサポート要件に適合しないとされた。

 事件番号等:28年(行ケ)第10064号(知財高裁 H29.06.29)
 事件の種類(判決):維持審決取消請求(審決取消)
 原告/被告:X1,X2/株式会社クラレ
 キーワード:サポート要件,黄変抑制の作用機序
 関連条文:特許法36条6項1号

○知財高裁の判断

 本件明細書には,ノニオン系界面活性剤(B)として,「ラウリン酸ジエタノールアミドを95質量%の割合で含有し,かつジエタノールアミンを不純物として含む混合物」(本件ラウリン酸ジエタノールアミド化合物)を添加した実施例,比較参考例,比較例(実施例等)しか開示されておらず,これ以外のノニオン系界面活性剤(B)を添加した実施例等は,開示されていない。
 本件明細書の記載に加え,本件出願日当時の技術常識に照らしても,本件発明の課題である常温長期保管時の黄変の機序が,被告主張のノニオン系界面活性剤の酸化であると特定できるとは認められない。仮に当業者が常温長期保管時の黄変の機序がノニオン系界面活性剤の酸化であると認識したとしても,そのような常温長期保管時の黄変が,ノニオン系界面活性剤(B)の含有量の数値範囲及びPVA系重合体フィルムのpHの数値範囲を本件発明1の範囲とすることにより抑制される機序について,認識できるとはいえない。さらに,ノニオン系界面活性剤の種類を問わず,酸化反応の反応性が一様であるとはいえないし,本件発明のノニオン系界面活性剤(B)には,学術上のノニオン系界面活性剤に加え,その原料,触媒,溶媒,分解物などを含む混合物を含み,その酸化反応の反応性は更に多様であると考えられる。
 当業者が,本件ラウリン酸ジエタノールアミド混合物を添加した実施例において,黄変の抑制効果が得られたという開示に接しても,本件発明のノニオン系界面活性剤(B)であれば,その種類を問わず,本件発明の課題が解決できると認識することはできない。

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所