知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > トマト含有飲料事件

判例情報


平成28年(行ケ)第10147号
トマト含有飲料事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

 発明の詳細な説明及び実施例には,本件発明において特定された三つの要素以外の成分及び物性が風味に影響を与えるかどうかの記載がないため,他の成分及び物性の特定は要しないことを,当業者が理解できるとはいえないから,本件特許はサポート要件に適合しないとされた。

 事件番号等:平成27年(行ケ)第10080号(知財高裁 H29.06.08)
 事件の種類(判決):維持審決取消請求(審決取消)
 原告/被告:カゴメ株式会社/株式会社伊藤園
 キーワード:サポート要件
 関連条文:特許法36条6項1号

○知財高裁の判断

 「甘み」,「酸味」及び「濃厚」という風味の評価試験をするに当たり,糖度,糖酸比及びグルタミン酸等含有量を変化させて,これら三つの要素の数値範囲と風味との関連を測定するに当たっては,少なくとも,①「甘み」,「酸味」及び「濃厚」の風味に見るべき影響を与えるのが,これら三つの要素のみである場合や,影響を与える要素はあるが,その条件をそろえる必要がない場合には,そのことを技術的に説明した上で上記三要素を変化させて風味評価試験をするか,②「甘み」,「酸味」及び「濃厚」の風味に見るべき影響を与える要素は上記三つ以外にも存在し,その条件をそろえる必要がないとはいえない場合には,当該他の要素を一定にした上で上記三要素の含有量を変化させて風味評価試験をするという方法がとられるべきである。
 本件明細書の発明の詳細な説明には,本件発明において,上記風味に影響を与えるのが上記三つの要素のみであることや,条件をそろえる必要がないことの記載はない。また実施例において,上記三つの要素以外の他の成分や条件をそろえたものとして記載していない。
 そうすると,濃厚な味わいでフルーツトマトのような甘みがあり,かつトマトの酸味が抑制されたとの風味を得るために,糖度,糖酸比及びグルタミン酸等含有量の範囲を特定すれば足り,他の成分及び物性の特定は要しないことを,当業者が理解できるとはいえず,本件明細書の発明の詳細な説明に記載された風味評価試験の結果から,直ちに,糖度,糖酸比及びグルタミン酸等含有量について規定される範囲と,得られる効果というべき,濃厚な味わいでフルーツトマトのような甘みがあり,かつトマトの酸味が抑制されたという風味との関係の技術的な意味を,当業者が理解できるとはいえない。

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所