知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > マキサカルシトールを含む化合物の製造方法事件

判例情報


平成28年(受)第1242号
マキサカルシトールを含む化合物の製造方法事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

 均等の第5要件につき,特許請求の範囲の構成と異なる部分が容易想到というだけでは意識的除外にあたるとはいえず,客観的,外形的にみて,異なる部分が特許請求の範囲の構成を代替すると認識しながら,あえて特許請求の範囲に記載しなかった旨を表示していたといえるときに意識的除外などの特段の事情が存するものとされた。

 事件番号等:平成28年(受)第1242号(最高裁 H29.03.24)
 事件の種類(判決):特許権侵害行為差止請求(上告棄却)
 上告人/被上告人:DKSHジャパン株式会社,岩城製薬株式会社,高田製薬株式会社,株式会社ポーラファルマ/中外製薬株式会社
 キーワード均等論,第5要件,特段の事情
 関連条文:特許法70条

○最高裁の判断

 所論は,原審の上記判断は,前記1の特段の事情が認められる範囲を狭く解しすぎている旨をいうものである。
 出願人が,特許出願時に,特許請求の範囲に記載された構成中の対象製品等と異なる部分につき,対象製品等に係る構成を容易に想到することができたにもかかわらず,これを特許請求の範囲に記載しなかった場合であっても,それだけでは,対象製品等が特許発明の特許出願手続において特許請求の範囲から意識的に除外されたものに当たるなどの特段の事情が存するとはいえないというべきである
 出願人が,特許出願時に,特許請求の範囲に記載された構成中の対象製品等と異なる部分につき,対象製品等に係る構成を容易に想到することができたにもかかわらず,これを特許請求の範囲に記載しなかった場合において,客観的,外形的にみて,対象製品等に係る構成が特許請求の範囲に記載された構成を代替すると認識しながらあえて特許請求の範囲に記載しなかった旨を表示していたといえるときには,対象製品等が特許発明の特許出願手続において特許請求の範囲から意識的に除外されたものに当たるなどの特段の事情が存するというべきである
 被上告人が,本件特許の特許出願時に,・・・上告人らの製造方法と異なる部分につき,客観的,外形的にみて,上告人らの製造方法に係る構成が本件特許請求の範囲に記載された構成を代替すると認識しながらあえて本件特許請求の範囲に記載しなかった旨を表示していたという事情があるとはうかがわれない。原審の判断は,これと同旨をいうものとして是認することができる。論旨は採用することができない。

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所