知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > 加硫ゴム組成物事件

判例情報


平成25年(行ケ)第10275号
加硫ゴム組成物事件


弁理士 玉腰 紀子
弁理士 須山 佐一

○判決のポイント

 甲3発明Aの認定の基礎とされた実施例8は,疎水性媒体一般に対する技術思想を具体化したものであると認められ,疎水性媒体である周知のゴム成分を用いた本件発明1は甲3発明Aから容易に想到できたとして,審決が取り消された。

 事件番号等:平成25年(行ケ)第10275号(知財高裁 H26.09.11 判決言渡)
 事件の種類(判決):特許維持審決取消請求(一部認容)
 原告/被告:株式会社ブリヂストン/住友ゴム工業株式会社
 キーワード:技術思想の作用機序,動機付け,効果の顕著性
 関連条文:特許法29条2項

○事案の概要

 本件発明1は,「天然ゴム,変性天然ゴム,アクリロニトリルブタジエンゴムおよびポリブタジエンゴムの少なくともいずれかからなるゴム成分と,化学変性ミクロフィブリルセルロースと,を含有する加硫ゴム組成物。」(請求項1)である。
 審決は,甲3文献中の実施例8の記載内容を踏まえて甲3発明Aを認定した上,本件発明1と甲3発明Aの相違点(相違点2)を,ゴム成分について,本件発明1は「天然ゴム,変性天然ゴム,アクリロニトリルブタジエンゴムおよびポリブタジエンゴムの少なくともいずれかからなるゴム成分」であるのに対し,甲3発明Aは「スチレン-ブタジエンコポリマー」である点,と認定し,本件発明1は甲3発明Aから当業者が容易に発明できたとはいえないと判断した。

○知財高裁の判断

(1)知財高裁は,「甲3発明Aの認定の基礎とされた実施例8は,実施例3で得られたクロロジメチルイソプロピルシランによる変性ミクロフィブリルの強化充填剤としての効果を確認するために,疎水性媒体の一種であるスチレン-ブタジエンコポリマーと混合し,加硫して得られた加硫エラストマー(組成B)について,弾性率等の機械的特性を,変性ミクロフィブリルを含まない加硫エラストマー(組成A)と比較検討したものである。」,「実施例8は,甲3文献の開示する技術思想を,疎水性媒体にスチレン-ブタジエンコポリマーを用いて具体化したものであると認められる。そして,セルロースミクロフィブリル表面を疎水性化して疎水性媒体との親和性を高めることにより,セルロースミクロフィブリルの疎水性媒体中での分散性を改善するという,上記技術思想の作用機序に照らすと,かかる作用機序は疎水性媒体一般に対して妥当するものであると理解することができる。」,「甲3文献に接した当業者であれば,変性セルロースミクロフィブリルを強化充填剤として用いるべき疎水性媒体として,実施例8で用いられたスチレン-ブタジエンコポリマーに限らず,甲3文献に列挙された様々な製品の材料として慣用される様々なポリマー等の疎水性媒体を用いることができることを,ごく自然に認識するはずである。そして,天然ゴム,変性天然ゴム,アクリロニトリルブタジエンゴム及びポリブタジエンゴムは,スチレン-ブタジエンコポリマーと並んで周知のゴム成分,つまり疎水性媒体であって,各種成形品の材料として慣用されるものである。」などとして,甲3発明Aにおけるスチレン-ブタジエンコポリマーに代えて,天然ゴム,変性天然ゴム,アクリロニトリルブタジエンゴム又はポリブタジエンゴムを用いることは,当業者が容易に想到し得ることであると認められる。」と判断した。

(2)また,被告は,甲1文献ないし甲3文献には・・・本件発明1の課題は開示されていない,本件発明1は当業者の予想できない効果を奏する,などとして,「当業者が本件発明1の構成を容易に想到し得たとはいえない」旨主張したが,知財高裁は,「本件発明1の容易想到性を判断するに当たっては,甲3発明Aから本件発明1の構成に至ることを合理的に説明することができれば足り,本件発明1の課題を認識するなど,実際に本件発明1に至ったのと同様の思考過程を経る必要はないというべきである。」,「ゴム組成物の物性は,ゴム成分の種類のみならずその重合度,クロフィブリルセルロースの種類,形状や寸法,化学変性の種類や置換度,ゴム成分とミクロフィブリルセルロースの配合割合,混練条件や加硫条件等の多数の要因の影響を受けると考えられるから,被告実験成績証明書に記載された特定の条件下における実験結果によって,本件発明1について,天然ゴム等のゴム成分と化学変性ミクロフィブリルセルロースとを含有することにより,加硫ゴム組成物の物性が当業者の予測することのできない程に顕著に改善されるとの効果を奏することまで認めることはできず,他にこれを認めるに足りる証拠は見当たらない。」などとして,被告の上記主張を退けた。

(玉腰 紀子)

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所