知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > 放射能で汚染された表面の除染方法事件

判例情報


平成27年(行ケ)第10216号
放射能で汚染された表面の除染方法事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

 本件公報に接した当業者は,請求項1の「燐酸」という記載が「ホスホン酸」の誤訳である可能性があることを認識するが,「燐酸」という記載を「ホスホン酸」の趣旨に理解することが当然であるということはできない,とされた。

 事件番号等:平成27年(行ケ)第10216号(知財高裁 H28.08.29)
 事件の種類(判決):訂正不成立審消取消請求(請求棄却)
 原告/被告:アレヴァ ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング/特許庁長官
 キーワード:訂正,誤訳,実質上特許請求の範囲を変更,燐酸,ホスホン酸
 関連条文:特許法126条6項

○知財高裁の判断

 本件公報に接した当業者は,「燐酸」又は「リン酸」という記載か,ホスホン酸の化学式及び「オクタデシルホスホン酸」という記載のいずれかが誤っており,請求項1の「燐酸」という記載には「ホスホン酸」の誤訳である可能性があることを認識するものということができる。
 しかし,請求項1の「燐酸」という記載は,それ自体明瞭であり,技術的見地を踏まえても,「ホスホン酸」の誤訳であることを窺わせるような不自然な点は見当たらないし,前記(2)アのとおり,本件訂正前の明細書において,「燐酸」又は「リン酸」という記載は11か所にものぼる上,請求項1の第2の処理溶液の作用成分を形成するアニオン界面活性剤としてスルホン酸,カルボン酸と並んで「燐酸」を選択し,その最適な実施形態を確認するための4つの比較実験において,燐酸や燐酸基が使用されたことが一貫して記載されている。
 そうすると,化学式の記載が万国共通であり,その転記の誤りはあり得ても誤訳が生じる可能性はないことを考慮しても,本件公報に接した当業者であれば,請求項1の「燐酸」という記載が「ホスホン酸」の誤訳であることに気付いて,請求項1の「燐酸」という記載を「ホスホン酸」の趣旨に理解することが当然であるということはできない。
 本件訂正事項(燐酸→ホスホン酸)を訂正することは,実質上特許請求の範囲を変更するものであり,126条6項により許されない。

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所