知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > 白色ポリエステルフィルム事件

判例情報


平成27年(行ケ)第10099号
白色ポリエステルフィルム事件


弁理士  玉腰 紀子一
弁理士  須山 佐

○判決のポイント

 物性で特定した発明については,当該物性を満たすものとすることによって発明の課題が解決されることが理解できるように記載されていれば,サポート要件としては足りる,また,主引用例と異なる課題によって採用された副引用例の数値限定を主引用例に適用する動機付けはない,とされた。

 事件番号等:平成27年(行ケ)第10099号(知財高裁 H28.07.19)
 事件の種類(判決):維持審決取消請求(請求棄却)
 原告/被告:帝人株式会社/東レ株式会社
 キーワード:物性で特定した発明,サポート要件,進歩性,数値限定,課題の相違
 関連条文:特許法29条2項,36条6項1号

○知財高裁の判断

*サポート要件について
 本件発明1は,無機粒子を5重量%以上含むポリエステル組成物からなる白色二軸延伸ポリエステルフィルムにおいて,当該ポリエステル組成物が有すべき物性を特定することによって発明を特定するものであるところ,このような場合,明細書の発明の詳細な説明の記載としては,当該物性を満たすものとすることによって発明の課題が解決されることが理解できるように記載されていれば,サポート要件としては足りるものといえるのであって,当該物性を実現するための方法の全てが開示され,かつ,それらによって得られる物が発明の課題を解決し得るものであることが逐一実施例によって示されなければならないというものではない。本件発明1に係る特許請求の範囲(請求項1)の記載について,サポート要件を充足する。

*進歩性について
 多量の白色無機粒子を含有する白色ポリエステルフィルムにおける白色性,隠蔽性,光沢性の向上を課題とする甲1発明2において,甲5に記載された,摩擦係数を低下させるために炭酸カルシウムを添加したポリエステルフィルムの耐スクラッチ性,耐摩耗性の向上という課題の解決に必要とされる条件の一つである甲5記載のカルボキシル末端基濃度を適用すべき動機付けがあると認めることはできないというべきである。したがって,甲1発明2に甲5記載の事項を適用することはできない。

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所