知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > 発光装置事件

判例情報


平成27年(行ケ)第10070号
発光装置事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

 引用発明1の緑色放出蛍光体として,引用発明2で好適であるとされるβサイアロンを選択することは,公知材料からの単なる最適材料の選択に過ぎない,とされた。

 事件番号等:平成27年(行ケ)第10070号(H28.2.3)
 事件の種類(判決):拒絶審消取消請求(請求棄却)
 原告/被告:シャープ株式会社/特許庁長官
 キーワード:進歩性,相違点の認定・判断,最適材料の選択
 関連条文:特許法29条2項

○知財高裁の判断

*相違点を容易想到とした判断に誤りはない
 ・蛍光体において必要な明るさを確保することは当業者であれば当然に考慮する事項であるから,本願明細書を参酌しても,本願発明のMnの数値範囲は,技術の具体的適用に伴う数値範囲の好適化といった程度のものと認められる。
 ・色再現性の更なる改善のために,引用発明1の緑色放出蛍光体として,その開示された条件に従うものであり,かつ,上記の特性からみて色再現性の改善を期待することのできる引用発明2のβ型サイアロンを選択することは,公知材料からの単なる最適材料の選択にすぎない。引用発明1の緑色放出蛍光体として引用発明2のβ型サイアロンが適していることは,上記アのとおり,引用文献2自体に明示されていることといえるから,その具体的適用に当たって各種条件を選択・調整する必要が生じ得るとしても,引用発明2のβ型サイアロンを選択すること自体は,容易といえる。

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所