サクラ国際特許事務所は、私たちの知的財産サービスが、お客様の繁栄に役立つことを祈念しています。

News & Topics

○2017/05/08 mon
事務所移転のお知らせ
このたび、事務所を下記に移転いたしました。今後ともよろしくお願い申し上げます。
----------------------------
〒101-0047
東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
○2014/12/01 mon
ウェブサイトをリニューアルいたしました。
お手数ですがブックマークの変更をお願いいたします。

判例紹介

○2018/01/12 fri
ポリアルキルシルセスキオキサン粒子事件
特許異義申立人の提出した甲4実験は引用発明の再現とは認められないとして,引用発明の粉末のシラノール基量及び撥水性を甲4実験に基づき認定した決定が取り消された。
※詳しくはこちら
○2018/01/12 fri
エチレン-酢酸ビニル共重合体ケン化物ペレット群事件
本件発明の課題として本件明細書に記載された「EVOH層の界面での乱れに起因するゲル」の意義は明らかでないから,本件発明の課題は理解できないというほかなく,サポート要件に適合しないとされた。
※詳しくはこちら
○2017/12/27 wed
旨み成分と栄養成分を保持した無洗米事件
特許請求の範囲に記載された製造方法は,そこに記載された米や無洗米の構造又は特性以外の,構造又は特性を有することをうかがわせるものではないから,明確性要件違反には当たらない,とされた。
※詳しくはこちら
○2017/12/27 wed
光学的および電磁気学的効果補助層の制御手法事件
特許請求の範囲に記載された「平面構造が,母材中に間隔を保って複数積層された構造」は,明細書の「規則的に」との説明を根拠としても,ある平面上の量子ドットの直上に,異なる平面上の量子ドットが配置された構成であると解することはできないから,相違点1は引用発明1に開示されている,とされた。
※詳しくはこちら
○2017/12/25 mon
有機物質に由来する揮発性有機化合物の吸着事件
本願においては,Si:Alの原子比と、SiO2とAl2O3のモル基準によるシリカ/アルミナ比の表示形式を使い分けているから、「SiO2:Al2O3比が23:1」との記載は,「Si:Al比が23:1」の明らかな誤記であるは認められず,本願発明は格別顕著な効果を奏するものではない,とされた。
※詳しくはこちら

事務所情報

地図
特許業務法人 サクラ国際特許事務所
東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
JR線神田駅・銀座線神田駅・丸ノ内線淡路町駅・都営新宿線小川町駅

判例情報
© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所